ツーショットダイヤルで上手く行くと、その日のうちにデート出来るようになります。その時に何処にいこうかなとか何処で食事しようかなとか、そういうことでもたつくのも厳禁。きちんと何処に行くかぐらいは決めておきましょう。待ち合わせには早めに行って、少し遅れるぐらいがちょうどいい。要するに、早めに行ってその子らしき女の子の周りにおかしな人間がいないかなどを見ておくということです。それだけでトラブルに巻き込まれるのはちょっと回避できます。そこから自然な流れで食事に行けるような場所をイメージしておきます。「何にしようか」「何が食べたい」「どこがあるかなぁ」など、もたもたすると女性は不安になってきます。優柔不断なんじゃないの?この男は!とすぐに判断してし合いますので、スマートにエスコート出来るようにしましょう。特に興ざめさせてしまうのはホテルに連れていく時です。ホテルに入るというのは女性が一番恥ずかしいと感じる瞬間です。そこでもたもたされるといたたまれなくなってしまいます。「どこがいい?」というのもよくありません。「自分に任せてくれる?」といって、リードしてしまいましょう。それだけきちんとイメージを作っていくことが大切です。極稀にですが、ホテルを自分が決めようとする女性がいます。ただそうしたいからということもあるかもしれませんが、自分の指定するホテルが何かよからぬ計画に使い勝手がいいということもあります。女性が率先してホテルを選ぶなんてことはある意味ポピュラーとは言えませんので、少々警戒すべきところです。男性が「俺に選ばせて」といって頑なに反対するならば、その日は辞めてしまうというのも自己防衛のためには必要かもしれません。
気をつけなければならないことが多すぎて「ツーショットダイヤルってそんなに怖いの?」と心配になるかもしれませんが、そもそも知らない男女がすぐにセックスまで行き着くかも!というシュチュエーション自体がそんなに安全なことではありません。それでも気持ちは動くわけですから、「大事を取りましょう」ということなのです。大半のツーショットトダイヤルの利用者はhttp://www.escort-nikole.com/matiawase/いつでも平和に楽しんでいます。優良な運営側であれば、問題が起こらないようにサポートしているはずです。注意事項などを良心的に書いてあるサイトもありますので、目を通してみましょう。参考になることもたくさんあります。受け入れたほうがいいアクシデントや、受け入れがたいアクシデントなどもありますので、体験談を見てみるのも有益です。